原渕

thumbnail image
原渕
前田 理 グループ
主任研究者
教員
博士研究員
研究協力者
  • thumbnail image
    原渕
スタッフ
  • 本間 貴子

研究紹介

研究テーマ

光反応の反応経路自動探索手法の開発と応用

キーワード

励起状態計算, 反応経路探索, 分子動力学, 光反応解析
研究概要

私は光反応を対象に、コンピュータを用いた理論計算の研究を行っています。光反応では、電子励起状態へと励起した分子は、蛍光、りん光、内部転換、項間交差による状態間の乗り移りを経て、最終的には基底状態に戻ってきます。私は、当研究室で開発中の反応経路自動探索プログラムを光反応へと拡張し、電子励起後の反応経路を網羅的に計算する手法を開発してきました。この光反応の反応経路自動探索を用いることで、最近では、事前知識をほとんど必要とせずに、分子の光機能(発光・光異性化・光増感・光安定性など)を調べることが可能になっています。現在は、この光反応の反応経路自動探索と情報学の手法を組み合わせることで、新規光機能性分子を設計する手法の開発にも取り組んでいます。

代表的な研究成果

  • Exploring approximate geometries of minimum energy conical intersections by TDDFT calculations
    Yu Harabuchi, Miho Hatanaka, Satoshi Maeda, Chem. Phys. Lett., in press 2019
    DOI: 10.1016/j.cpletx.2019.100007
  • Exploring radiative and nonradiative decay paths in indole, isoindole, quinoline, and isoquinoline
    Yu Harabuchi, Kenichiro Saita and Satoshi Maeda, Photochem. Photobiol. Sci., 2018, 17, 315-322
    DOI: 10.1039/C7PP00385D
  • Exploring the Mechanism of Ultrafast Intersystem Crossing in Re(I) Carbonyl Bipyridine Halide Complexes: Key Vibrational Modes and Spin-Vibronic Quantum Dynamics
    Yu Harabuchi, Julien Eng, Etienne Gindensperger, Tetsuya Taketsugu, Satoshi Maeda, and Chantal Daniel, J. Chem. Theo. Comp., 2016, 12, 2335-2345
    DOI: 10.1021/acs.jctc.6b00080
  • Exploration of Minimum Energy Conical Intersection Structures of Small Polycyclic Aromatic Hydrocarbons: Impact on the Size Dependence of Fluorescence Quantum Yields
    Yu Harabuchi, Tetsuya Taketsugu, and S Maeda, Phys. Chem. Chem. Phys., 2015, 17, 22561-22565
    DOI: 10.1039/C5CP02103K 
  • Analyses of bifurcation of reaction pathways on a global reaction route map: a case study of gold cluster Au5
    Yu Harabuchi, Yuriko Ono, Satoshi Maeda, and Tetsuya Taketsugu, J. Chem. Phys., 2015, 143, 014301
    DOI: 10.1063/1.4923163

関連する研究記事